前へ
次へ

日本語を活用して中国語を学習するポイント

中国は日本にとってとても身近な国であり、多くの人が観光だけでなく仕事として色々関わる事が多いという人もいます。そのため海外の言語として英語と同じように取得するために学習されることが多い言葉として中国語があります。中国語自体は専門の学校があったりと日本にいながら学ぶ事ができるので、多くの人が習得するために様々な勉強方法を取り入れています。ですが自分自身で学習して少しでも多く身につける事が出来ればよいので、色々と工夫をして学ぶ人もいます。そんな勉強方法の1つとして日本人だからこそできる勉強法になるのが日本語から中国語を理解して学ぶ方法になります。中国で使われている言葉は日本と同じように漢字を使われています。そん為、言葉の単語の中には漢字から何を意味しているのかをイメージしやすい言葉も多くあります。もちろん全てが同じという事はありませんが、イメージしやすいという点がとても大きいです。また漢字だからこそ馴染みやすく抵抗なく吸収できるという点も大きいです。そのためまずは中国の言語の文法を見ながら、日本語としてとらえられる部分を抜き出してみます。分かる感じから意味を導き出して、最終的でどのような意味なのかを紐解いていきます。もちろんまったく違う言葉で表現される漢字もありますが、日本語に近い意味で使われている感じであれば直ぐに覚えることが可能です。また一度覚えてしまえば、漢字と意味のひもづけがスムーズに行えるので、より多くの中国語を吸収する事が可能となります。中国の言語だと考えてしまうと抵抗を感じる事もありますが、勉強の入口として日本語を利用して理解していくと抵抗なく学ぶ事に繋がります。最初は徹底して日本語から理解していくことろ今後の難しい文法や漢字であっても、すんなりと勉強を進めていく事に繋がります。また覚える時は段階を踏んで優しい文法から徐々に難しい文法へと難易度を徐々に上げていくとより身に付きやすくなります。

Page Top